ポイントを貯める理由は何かお得だから

「ポイント10%還元」と「10%割引」のどちらがお得か。

「ポイント10%還元は実質的に9%しか値引きされていない。

ポイントサービスには心理的なメリットがあるが、漫然とポイントを貯めていると損してしまう」という――。

ポイントを貯める理由は何かと聞かれれば、多くの人はお得だからと答えるでしょう。

シンガポール発の人気知能おもちゃ GPSキッズ携帯、キッズカメラ、骨伝導式のヘッドフォン

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000022215&id=202105271603465791

しかし、このポイントに関して、多くの人が勘違いをしています。

「ポイント10%還元」と「10%割引」を比較すると、

どちらが得でしょう?

正解は「10%割引のほうが得」です。

わかりやすく、1万円払って買い物をしたと仮定します。

ポイント10%の場合、1000円分のポイントが加算されます。

これを次回以降の買い物で使えば、お金を支払うことなく1000円分の商品を手に入れることができます。

クリエイターやライブ配信者のワークフローを効率化する【Loupedeck】

https://loupedeck.com/jp/shop/

この一連の買い物において、支払ったお金は1万円で、手元には1万1000円分の商品が残ります。

1万1000円分の商品を買うにあたって、値引きされた金額は1000円ですから、割引率は1000円÷1万1000円=9.1%です。

一方、10%値引きの場合は、1万円分の商品が1000円値引きされますから、これを9000円支払って手に入れることになります。

当然、割引率は10%になりますから、ポイント10%還元よりも得なのです。

ポイント還元に似たスタンプカードの場合も、まったく同じ勘違いが起こります。

「10回通ってスタンプが10個貯まると1回無料」は「10%割引」と同じだけの得に思えるかもしれません。

ポイントサービスに見られる魅力点を、

いくつか以下にあげていきます。

①ポイントを貯める楽しみがある

 

②ポイントの収集状況に応じて、ランクが上がり

優遇措置を受けられる

③会員限定の割引や、キャンペーンなどのメリットがある

ポイントサービスは、売り手が買い手を顧客として維持し続けるための手段です。

自分が保有するモノに高い価値や愛着を感じ、手放したくないと感じる心理です。

お金やモノなどの有形物だけでなく、身につけたスキル、自分の評価など無形物に対しても働きます。

買い手は、ポイント、ステイタス、チャンスの3つに対して、保有していない他人からは理解できないほど、高い価値を感じるのです。

積み上がっていくポイントの数値は、まるで自分自身の努力を示す点数であるかのように思えます。

一度、手に入れたステイタスや、会員限定キャンペーンに参加する権利も、手放すことのできない大切なものに見えるのです。

https://kaihou-direct.com/

日本メーカー製のパワフル電動自転車【SUISUI】

 

フレーミングに惑わされて、本当に得な選択がどれかわからない状況です。

あるいは、保有効果とは何かも知らず、漫然とポイントを貯めている状況もよくありません。

                                                                                                              橋本之克の一部を再編集したものです。

自由を標榜する日本

多様性が叫ばれる昨今、「一人ひとりが公平であるべき」という社会の空気感は年々強まっている。

「今の日本は、上っ面の“平等”を追い求めた結果、かえって不平等を招き、非合理極まりない事態に陥っている」

誰もがお金を稼げる仕組みが整っています。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000014879&id=202101071333273140

資本家の側に回るのか、あるいは労働を続けて生計を立てるのか、

はたまたその両方で生活するのかは個々の自由

バカで怠け者だったら貧乏になるけれど、才覚を生かしたり努力したりすればお金持ちになれるとされている。

株は誰でも自由に買えるけれど、大金を投資して莫大な利益を得られる人は少数で、日々の暮らしに精一杯で株を買う余裕などない人が大半なのだから、機会の平等などあってないようなもの。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000021497&id=202108302002455830

一般的には、どれくらい親が教育に投資したかが子供の学力、ひいては学歴を左右するであろうことは、今の世の中を見ていれば容易に推察できます」

貧困家庭に育った層が大学進学を諦めてしまえば、親と同様に経済的弱者の道を歩むことになる可能性が高い。

大学進学率が50%を超えている日本では、

大卒であることの価値自体はあまり高くありません。

一般家庭でもそうですが、国レベルで考えても教育というのは究極の先行投資です。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000022388&id=202107021303246610

目先のことにしかお金を使わないことがどんな結果をもたらすのかは、今回のパンデミックで嫌というほど思い知ったはずです。

だからこそ将来を見据え、自由に教育を受ける機会を誰にも『平等』に保障するための投資は惜しまないで欲しい.....著書多数

生ニンニクの旨みを効かせたカレー

長引くマスク生活で、私たちの食にも変化が現れている。

その一つが「ニンニク」関連商品の隆盛だ。多くの人に愛されるニンニク。

気になるのは口臭

“発する側”も“嗅ぐ側”も、マスクでガードされるようになった。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000012461&id=2013011111450543212

在宅勤務で人と会わずに仕事をする機会も増えた。だからこそ、臭いを気にせずニンニクグルメを楽しむ人が増えているのだ。

スナック菓子などでもニンニクを売りにした商品の発売が目立った。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000021462&id=202104071759514140

 マスクを手放せないもどかしい生活が定着してから間もなく2年。ニンニク系グルメが広がっているのは、せめて食事くらいは自由にしたい......

 

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000014098&id=201811120332282511

貯金ゼロのまま迎える老後は我慢を強いられる

少しでも明るい未来を過ごすために、貯金ゼロ円50代はどんな対策を実行すべきなのか。

貯金ゼロ円老後に陥らないために、50代のうちからできること

現役で働いているうちは、飲食費などの少額な出費は気にもならないが、身の丈に合っていない暮らしを送る人ほど、家計の支出を把握していないことが多いという。

 

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000019019&id=202107152223586230

「老後の資金を増やすには、子どもが自立してから定年退職を迎えるまでの数年間でいくら貯められるかが鍵となります。

そのために、家計簿を細かくつけ、余剰を知り、それらを貯蓄に回すことが大切。

ちなみに、50代は無駄な保険料を払っていたり、格安スマホに乗り換えそびれて通信費が高くなっているケースが多い

多くの高齢者は定年後も働くことを選択せざるを得なくなるのが実情のようだ。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000013467&id=201811131021362461

 65歳を過ぎても働くための心構えを養うのも、ある意味、貯金ゼロ円老後に向けての対策と言える

「定年退職前から、自分の住む区域のシルバー人材センターやファミリーサポート事業などを下見し、どんな仕事なら需要があるのか把握しておくのも手ですね」日刊SPA

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000015517&id=201907180946149310

 悠々自適の年金暮らし、というのはもはや夢物語.....

受け取る年金額や生活スタイル

老後の生活を考える時、やはり一番気になるのがお金の話。定年後、どれくらいの収入があって、どれくらい支出するのか

年金収入だけでは赤字に陥りそうな老後の家計。

いくら貯蓄があっても不安になります。

そこで、年金収入だけではなく、他にも収入を得ることが一番の老後生活対策といえるでしょう。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000019019&id=202107152223586230

リタイア後に「起業」をする人も増えてきました。

内閣府が発表した「令和2年版高齢社会白書」によると、起業して5年未満の人の中で65歳以上の割合は、2007年は8.4%でしたが、2017年には11.6%に上昇しています。

自治体などでシニア起業向けの支援策も出てきており、シニア起業の数はさらに増えそうな風潮です。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000022100&id=202104161709137750

趣味の延長線上での起業で月収数万円程度という例も。

無理なく、自分のぺースで働くことができるのが起業の良いところです。

収入のある仕事をしている60歳以上の人のうち、一番多かったのが34.3%のパート・アルバイトでした。

得たい収入や体調にあわせて、仕事が選べますし、住まいの近隣で仕事がみつけやすいですね。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000018052&id=202106211715014090

時給800円から1000円は保証されるでしょう。

あとは、どれだけの時間働くかで収入が決まります。

「自分の時間を売る」自分のスキルなどを収入にする仕組みが増えてきました。

定年後も年金以外でもいくつかの収入を得ることが可能になっています。

「仕事そのものが面白いから、自分の知識・能力を生かせるから」となっています。

どんな習い事をするのか、習い事にかける

「人気のある習い事は何だろう?」「月謝はどのくらいだろう?」と

気になるところです。

学習塾・通信教育、水泳、ピアノ・エレクトーン、英語・英会話、サッカーが

人気です。

 

習い事を始める目的は様々で、「学習塾・通信教育」だと学習の習慣化・基礎学力の定着・中学受験などを目的に始める場合が多く、「水泳」は体力強化、「サッカー」は運動が得意になり、チームプレイを通して協調性や社会性を身に付けるためなどが目的になっているようです。

 

「ピアノ・エレクトーン」は情操教育や将来の子どもの豊かな人生のため、「英語・英会話」はグローバル社会に適応するために習い始めるといった意見が多くありました。いずれも、「親の願い」と「子どもの習ってみたい!」という意思によって選ばれているようです。

 

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000001817&id=201902121203544110

 

小学生になると、習い事のバリエーションが広がっています。

子ども自身に時間的な余裕があるため、いくつかの習い事を掛け持ちでしている場合も少なくありません。

多くの経験をさせたいという親の願いも反映されているのでしょう。

学習の習慣化や基礎学力の定着、さらに中学受験を見据えて、学習系が増えているのも特徴です。

 

通信教育の場合、5000円前後が相場ですが、学習塾の場合、教科数や1週間に通う回数を増やすほど高額になり、中学受験専門塾になれば金額は跳ね上がります。

さらに難関校を目指すなど、高いレベルを目指すほど高額になるのも特徴です。

 

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000012597&id=202105271804088230

 

個人のピアノ教室か、大手のピアノ教室なのかでも変わります。また、プロを目指すお子さんであれば高額になるでしょう。

英会話英語・個人の教室より、大手の教室の方が高額になりやすく、教室で一度に教える子どもが多いほうが安くなります。

そのため、グループレッスンより少人数レッスンやマンツーマンが、さらに日本人講師よりネイティブの講師の方が高額になりがちです。

スポーツ少年団のように地域に根差したものであれば低価格で済みますが、サッカースクールやサッカークラブになれば金額が上がります。

 

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000021994&id=202107081044404120

 

毎月の月謝以外にも、入会金や年会費、道具やユニフォーム、遠征費、季節講習費等の費用も想定しておくことが必要です。

気合を入れて道具に大金を払っても、その習い事を長く続けることができるかどうかはわかりません。(マネーガイド)

 

 

どんな習い事をするのか、習い事にかける

「人気のある習い事は何だろう?」「月謝はどのくらいだろう?」と気になるところです。

学習塾・通信教育、水泳、ピアノ・エレクトーン、英語・英会話、サッカーが人気です。

 

習い事を始める目的は様々で、「学習塾・通信教育」だと学習の習慣化・基礎学力の定着・中学受験などを目的に始める場合が多く、「水泳」は体力強化、「サッカー」は運動が得意になり、チームプレイを通して協調性や社会性を身に付けるためなどが目的になっているようです。

 

「ピアノ・エレクトーン」は情操教育や将来の子どもの豊かな人生のため、「英語・英会話」はグローバル社会に適応するために習い始めるといった意見が多くありました。いずれも、「親の願い」と「子どもの習ってみたい!」という意思によって選ばれているようです。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000001817&id=201902121203544110

 

小学生になると、習い事のバリエーションが広がっています。

子ども自身に時間的な余裕があるため、いくつかの習い事を掛け持ちでしている場合も少なくありません。

多くの経験をさせたいという親の願いも反映されているのでしょう。学習の習慣化や基礎学力の定着、さらに中学受験を見据えて、学習系が増えているのも特徴です。

 

通信教育の場合、5000円前後が相場ですが、学習塾の場合、教科数や1週間に通う回数を増やすほど高額になり、中学受験専門塾になれば金額は跳ね上がります。

さらに難関校を目指すなど、高いレベルを目指すほど高額になるのも特徴です。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000012597&id=202105271804088230

 

個人のピアノ教室か、大手のピアノ教室なのかでも変わります。また、プロを目指すお子さんであれば高額になるでしょう。

英会話英語・個人の教室より、大手の教室の方が高額になりやすく、教室で一度に教える子どもが多いほうが安くなります。

そのため、グループレッスンより少人数レッスンやマンツーマンが、さらに日本人講師よりネイティブの講師の方が高額になりがちです。

スポーツ少年団のように地域に根差したものであれば低価格で済みますが、サッカースクールやサッカークラブになれば金額が上がります。

https://pub.a8.net/a8v2/A8ImageAction.do?eid=s00000021994&id=202107081044404120

 

 

毎月の月謝以外にも、入会金や年会費、道具やユニフォーム、遠征費、季節講習費等の費用も想定しておくことが必要です。気合を入れて道具に大金を払っても、その習い事を長く続けることができるかどうかはわかりません。(マネーガイド)